○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

オーディション詐欺の話。 

憧れのプロの世界へ入りたいという、夢や希望を抱いて足掻く人達にとって、必ずくっ付いて回るのはオーディション(審査)というものです。
就職面接も同じです。

オーディション(面接)は嫌だけどプロ(この仕事)にはなり(就き)たい。
ハッキリ言いますが、そんな事言っている人がいるなら本物の阿呆です。
例えスタート地点はスカウトだろうが、その後はその人はどんな人だろう?と、実力や人柄を審査され、仕事の継続に結びつきます。
どこの世界も同じです。

そんな中で、他人の夢と希望とお金を喰い物にしている人たちがいます。
魅力的な言葉で先導し、あたかもここがゴール地点であるかのような口ぶりで騙してきます。
我々、芸能系で生きようとする者たちにとっては特に身近で切実な問題です。


①ある日電話がかかってくるがその内容が。
「オーディションの最終選考会議で君ともう一人のどちらを合格させるか揉めてるんだよね。どっちが売上出せるかって話でさぁ」
と言われ、金を出せば合格という事を示唆される。

②合格すればアニメの声優というオーディションだが、受験料が有料。
人だけ集めて、お金をある程度ゲットしたら、はいさようなら。
 例)1人5000円のオーディション。 10人集まれば 5万。
   1か月で4日繰り返せば、20万(大体初任給くらい)

③合格はしたが、その後の稽古が有料。
「もう少し人集めて、みんなの稽古見て作品作るから、それまでは実力つけてね」
 作品が出来上がるまで、延々とお金を払う仕組みの出来上がりです。
 作品できなければずっとお金を払うのです。


オーディション詐欺で、私がぱっと思い付くところでこんなとこでしょうか。調べれば、その手の情報を教えてくれるサイトがいっぱい出てきます。
この手の巧妙なところは、実際に契約書を書かせたりする所なんですよね。
しかも、合格直後の気の浮いた所を狙ってきたりします。

『熟読して後日返送致します』

と言い返すくらいの心の余裕は持ちましょうね。


実際、ちゃんとした所ほど、合格から書類記入まで日取りがあったりします。
法に則った書類形式でやり取りを行います。知らないと素人が作ったそれっぽい書類に騙されます。

連絡するアドレスが、yahooやgmail などの誰もが習得できるフリーメールアカウントではありません。
会社のアカウントがしっかりあります。
『一流』と名乗るスタッフが出てきたりしません。本当の一流は素人発掘の時間なんかありません。
本当に第一線で活躍するできる、大きなオーディションであれば、バックスポンサーがあります。素人の手造りではない公式サイトもあります。
必ず下調べを行ってから動く事をお勧めします。

実際に、一度プロの声優さんを起用して商品化し、それを足がかりにという手段を用いる事もできます。
もっとも効率的な『餌』ですよね?

この手の詐欺は本当にグレーゾーンで、法的手段が取り難い状況にあります。
私は弁護士事務所に相談に行った事がありその時も、

「数10人単位で被害を訴えないとダメかもしれないね」

というような事を言われました。
同時期に被害を受けた女性は合格を口実にセクハラ行為をされ、また別の方はお金を払っていたが作品を作る気配が全くなかった、と仰っていました。

ちなみにその人は未だに現役で、名前をあれこれ変えてオーディション告知を出し続けています。
手広く幅広く詐欺行為を続けています。

我々は人に見られる仕事です。
ですが、同時に我々も人を見ることができる仕事です。
その目を養い、逆に出し抜いてやるくらいの気持ちでオーディションに望んでも良いかも知れませんね。

貴方の人生に幸あらん事を。

PAGE TOP

新しいステージへ。 

【12人の怒れる男】に ご来場頂きました皆様ありがとうございました。

90~100分の物語が終わるまで、登場人物12人が舞台上にいるというハードな論争劇。
一度引き込まれれば最後まで見てしまう面白さです。
芸術鑑賞会で行った高校の生徒も、『寝るつもりだったけど面白くて最後まで見てしまった』とツイートして下さいました。
非常に嬉しい限りです。

その中にも、『まだ芝居してるなぁ』と手厳しいコメントを頂いたりまだまだ精進の日々です。

さて、早くも次の舞台が決まっておりますので宣伝です。
声優に興味あると特に楽しめるかと思います。是非見に来て下さい♪

------------------
■チケット購入■
銀行・出演者支払
http://neovoicearts.ocnk.me/menu-detail/38
コンビニ・クレジット決済
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/01k59ay80c26.html
------------------
7/31(日)『漫画訳 雨月物語(漫画:武富健治)』音音コミックアテレコLive&トークショー
『漫画訳 雨月物語(武富健治)』がフルボイスデジタルコミック化決定!
テレビドラマや映画化された『鈴木先生』の作者、武富健治先生の未発表最新作「菊花の約」「浅茅が宿」「蛇姓の婬」(7月コミック発売予定)三作品をご提供いただきました。
コミック販売に先がけてのモーションコミック化となります!!
これらの作品は、後日、声優グランプリ公式サイトにて動画配信予定。
■<イベント概要>
『漫画訳 雨月物語(武富健治)』
「菊花の約」「浅茅が宿」「蛇姓の婬」
■公演日
2016年7月31日(日)
 一部 開場14:00 開演14:30
 二部 開場18:00 開演18:30
■イベント内容
スクリーンに映したモーションコミックに合わせたアテレコLive。
作者である武富健治先生と、宮本大人先生(明治大学国際日本学部准教授鈴木先生2巻解説・ユリイカ武富健治特集号複数記事に参加・原画展「武富健治の世界」メインキュレーター)をお迎えして武富健治作品の魅力を掘り下げます!
※プログラムは変更になる場合もございます。
■場所
野方区民ホール
〒165-0027  東京都中野区野方5-3-1
西武新宿線の野方駅より徒歩3分
■チケット料金
チケット(全席自由。チケット番号が入場整理番号となります。)
前売り 2,500円
    コミックセット4,000円(コミック1728円 228円お得)
当 日 3,000円
※コミックセットをご予約いただ来ますとイベント限定DVD付。また、ご希望の方には武富先生に書籍にサインを入れていただけます。
当日の物販は、数に限りがございますのでご予約が確実です。
3/29のイベントへお越しいただきました方は1,000円引き
チケット売り切れの回がございましたらお問合せより扱い者の名前と希望の日時、枚数をご連絡ください。場合によっては購入できることもございます。
■出演者
<トーク>
武富健治(漫画家「漫画訳 雨月物語」「鈴木先生」など)
宮本大人(明治大学准教授、漫画史研究)
湯浅みな(音音コミックプロデューサー)
<アテレコ>
青柳健太
池田将
雨水希恵
朧部幻宇
黒滝大智
黒野陽太
向後靖子
小嶋佑典
咲音
武富健治
永澤広樹(東京ドラマハウス)
廣島 隆充(シルキスエンターテイメント)
Machico
宮本千春
牟田明日香(劇団ひまわり)
紅葉水月(neo voice arts)
栁田愛
山口颯斗(neo voice arts)
山田桃愛
竜門諒(オーアールボイスシアター)
■チケット購入■
銀行・出演者支払
http://neovoicearts.ocnk.me/menu-detail/38
コンビニ・クレジット決済
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/01k59ay80c26.html
------------------
pixivでPHP研究所コミック「漫画訳 雨月物語(武富健治)」公開されましたヽ(´ー`)ノ
https://comic.pixiv.net/works/2324
7月のコミック発売まで「菊花の約」「浅茅が宿」が無料配信されるとのことです♪
是非是非、読んでみてください。
------------------

PAGE TOP

【6・7月】活動的に。【告知】 

あまりブログで書き記す事が稀な私ですが、色々と活動を続けています。

1月には大竹一重さんとご一緒の現場で紙芝居を。
2月には永野愛さんとご一緒のCDで読み語りを。
3~4月は稽古。
5月には高校の芸術鑑賞で舞台を。
6月には上記の芸術鑑賞の演目、『12人の怒れる男』を。
後一週間で本番です。お早めにご連絡下さい。

【タイムテーブル】 2016年6月19日(日)~26日(日)
19(日)16:00
21(火)19:00
23(木)19:00
24(金)14:00.19:00
26(日)12:00.16:00
※休演日が御座いますご注意ください。

【場所】 両国 スタジオアプローズ
東京都墨田区両国3-19-8 日東第二ビル 1

【チケット・税込】 2016年5月15日(日) 発売開始
前売3,500円 当日3,800円


そして7月は初のアテレコライブに参加が決定しました。
今年は、今まで違う流れが来ているのかもしれないと思っています。
一味違う自分になりたいです。
是非、こちらにもご来場下さい。

**************
7/31(日)『漫画訳 雨月物語(漫画:武富健治)』音音コミックアテレコLive&トークショー

『漫画訳 雨月物語(武富健治)』がフルボイスデジタルコミック化決定!
テレビドラマや映画化された『鈴木先生』の作者、武富健治先生の未発表最新作「菊花の約」「浅茅が宿」「蛇姓の婬」(7月コミック発売予定)三作品をご提供いただきました。
コミック販売に先がけてのモーションコミック化となります!!

これらの作品は、後日、声優グランプリ公式サイトにて動画配信予定。

■<イベント概要>
『漫画訳 雨月物語(武富健治)』
「菊花の約」「浅茅が宿」「蛇姓の婬」

■公演日
2016年7月31日(日)
 一部 開場14:00 開演14:30
 二部 開場18:00 開演18:30

■イベント内容
スクリーンに映したモーションコミックに合わせたアテレコLive。
作者である武富健治先生と、宮本大人先生(明治大学国際日本学部准教授鈴木先生2巻解説・ユリイカ武富健治特集号複数記事に参加・原画展「武富健治の世界」メインキュレーター)をお迎えして武富健治作品の魅力を掘り下げます!
※プログラムは変更になる場合もございます。

■場所
野方区民ホール
〒165-0027  東京都中野区野方5-3-1
西武新宿線の野方駅より徒歩3分

■チケット料金
チケット(全席自由。チケット番号が入場整理番号となります。)
前売り 2,500円
    コミックセット4,000円(コミック1728円 228円お得)
当 日 3,000円

※コミックセットをご予約いただ来ますとイベント限定DVD付。また、ご希望の方には武富先生に書籍にサインを入れていただけます。
当日の物販は、数に限りがございますのでご予約が確実です。
3/29のイベントへお越しいただきました方は1,000円引き
チケット売り切れの回がございましたらお問合せより扱い者の名前と希望の日時、枚数をご連絡ください。場合によっては購入できることもございます。

■出演者
<トーク>
武富健治(漫画家「漫画訳 雨月物語」「鈴木先生」など)
宮本大人(明治大学准教授、漫画史研究)
湯浅みな(音音コミックプロデューサー)
<アテレコ>
青柳健太
池田将
雨水希恵
朧部幻宇
黒滝大智
黒野陽太
向後靖子
小嶋佑典
咲音
武富健治
永澤広樹(東京ドラマハウス)
廣島 隆充(シルキスエンターテイメント)
Machico
宮本千春
牟田明日香(劇団ひまわり)
紅葉水月(neo voice arts)
栁田愛
山口颯斗(neo voice arts)
山田桃愛
竜門諒(オーアールボイスシアター)

■チケット購入■
銀行・出演者支払
http://neovoicearts.ocnk.me/menu-detail/38
コンビニ・クレジット決済
http://passmarket.yahoo.co.jp/…/sh…/detail/01k59ay80c26.html

------------------
pixivでPHP研究所コミック「漫画訳 雨月物語(武富健治)」公開されましたヽ(´ー`)ノ
https://comic.pixiv.net/works/2324
7月のコミック発売まで「菊花の約」「浅茅が宿」が無料配信されるとのことです♪
是非是非、読んでみてください。
------------------

PAGE TOP

舞台のご案内。 

先日、とある高校の芸術鑑賞で『12人の怒れる男』を上演してきましたが…、

今回はなんと! 皆様にご覧頂ける形での公演となります。
是非ともご来場下さいませ。

原作 レジナルド・ローズ
翻訳 額田やえ子
演出 パク・バンイル(日本演出者協会)

【Story】
父親殺しの容疑で裁判にかけられた少年。審議の為に集められた12人の陪審員。
誰もが有罪を確信するなか、ひとりの男が無罪に一票を投じる。
白熱する論争、確信のなかに浮かび上がる疑問。彼らは真実を見出す事ができるのか!?
熱く燃えたぎる男たちの論争劇!!

【タイムテーブル】 2016年6月19日(日)~26日(日)
19(日)16:00
21(火)19:00
23(木)19:00
24(金)14:00.19:00
26(日)12:00.16:00
※休演日が御座いますご注意ください。

【場所】 両国 スタジオアプローズ
東京都墨田区両国3-19-8 日東第二ビル 1

【チケット・税込】 2016年5月15日(日) 発売開始
前売3,500円 当日3,800円

PAGE TOP

12人の怒れる男 

 今度、アメリカの陪審員制度を題材にした名作劇をやります。
 原作はレジナルド・ローズ。
 
 初めて見た時は衝撃的でした。
 演劇をはじめてから年数を経て、多少はモノが分かるようになったつもりですが。
 その中で個人的に優れた舞台と思っているものの条件は、

①場所がコロコロ変わらず、1つの場所で繰り広げられる。
②登場人物に無駄がない。やたらと多くない。
③全員がほぼ最初から最後まで舞台上にいる。
④人物の優劣や、展開が分かり易く、かつ速い。
⑤二時間程度

 このようなものです。
 あくまで私個人の意見です。もちろんこの条件から外れても面白いと思う舞台もあります。

 ですが、この条件を全てクリアして脚本を書ける劇作家は凄いと思うのです。
 そうして出会ったのがこの『12人の怒れる男』でした。
 会話だけででどんどん次の展開が開かれていくこの話にすぐ引き込まれました。だからこそ言葉を伝える事が大事だと思い知らされます。

 エンターテイメントとしては物足りなく感じてしまうかもしれません。
 派手なライトや魅力的なダンス、格好良いアクションはこの芝居にはありません。ですが、それが良いのです。
 
 だからこそ役者は大変なのです。
 一人の生きている人間がそこにいると、御客様に納得させられる力が問われます。
 舞台袖に引っ込むという息抜きなんかありません。舞台に登場したら終わるまで帰れません(笑)。

 セリフが多かろうが少なかろうが、芝居漬けなのです。
 こんなにうれしい事はありません。
 特に一番陥り易いのが、セリフが無いと素に戻ってしまう。何をして良いのか分からない。というミスです。
 集中力が問われます。
 正直、20代で経験しておきたかった貴重な事だと思っています。

 そして今回、役作りの為、髪を伸ばします(ここ重要)。
 多分+10歳くらいになる気がしています。
 そうして外見も中身も役作りが追いついたら、どういう風に作品の一部として噛み合うのか非常に楽しみです。

 後1週間と少し、詰めていきたいと思います。

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。