○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

地には平和をそして慈しみを 

 私たちは戦争をしたくない。
 そういう反戦集会が多いらしい昨今いかがお過ごしでしょうか。

 ちょっと気になったので、真面目に書いてみようかと思いました。

 戦争なんて無い方が良いに決まっている。

 地球人口9割強この考え方をお持ちで間違い無いかと思います。
 もしかしたらもっと少ないかも知れません。
 残りは恐らく武器や兵器で稼いでいらっしゃる戦争屋さんでしょう。

 ただ、人死にが身内で出るのは避けたいはずです。
 自らが死ぬのも嫌なはずです。

 ただ、赤の他人や他の信仰を持つ人が死ぬ事は厭わないという考えの人は大分多いはずです。

 主義主張、出生、生活、環境、あらゆるものがその人間の思考を形成します。
 同じ国同じ人種であっても、「コイツ死んだ方がいいんじゃない?」というやり取りが起こります。
 そして本当に死ぬ事もあります。

 他人に迷惑しかかけられない人間がのうのうと平和を貪って生きています。
 生きたいと願う人が生きられない場所があります。
 誰かに生きて欲しいと願いながら死にに行く人がいます。

 そんな命のやりとりが同じ地球で起こっています。
 それは情報という形で私たちの元へ届きます。物凄く文明は進歩しているのです。ですがそれを扱う人間は進歩していません。
 手前勝手で偽善と独善と悪意に満ちています。
 でも、その中の僅かな希望や、本当の優しさを信じたいのが人間だと思います。
 
 一人を殺せば殺人。
 十人を殺せば狂人。
 百人を殺せば英雄。

 これが戦争です。 
 私たちの世界です。『英雄』という言葉はファンタジーでは良く聞きますが、現実で聞くのはこう言う場合でしょう。
 私が実際に経験したわけではありません。
 読み漁った知識と、思案からの結論です。

 実際に戦争を体験した方たちは、揃って口を開かないようですね。 
 それだけ酷いものだったのと推測するしかできません。当時の記録や手記が出版されていたりしますが、それは非常に貴重なものだと思います。
 あと数十年と経たない内に日本での戦争体験者は0名になってしまうでしょう。

 戦争というものがどんなに過酷で辛いものか私にはわかりません。
 身体と精神が壊れてしまう程かもしれません。

 ですが、私たちの身に降りかかるならば武器を取らなければならない日がいつか来ると思っています。
 その時は迷わず取るでしょう。

 カッコつけたいとかじゃなくて、今反戦デモしている人たちの声を聞いていると、「自分が痛い目にあいたくない」という子供の意見のように感じてしまうのです。
 本人が望む望まないに関わらず、そうなった時に何もできないまま、現実を認められないまま死んで行く人の声にしか聞こえないのです。

 そうなった時私が完璧に対処できるわけではありません。
 アニメの主人公みたいな事にはならないでしょう。真っ先に死ぬかもしれません。
 ただ、守りたいものがあるなら寝ぼけた事言ってないで戦えよ。そういう気持ちだけでも、言えるハッタリでも良いから欲しいなと思います。
 本当に平和ボケした国なんだと感じます。

 改めて言いますが、戦場に身を置いた事なんてありません。
 戦争に行く覚悟なんてできていません。銃なんて撃てません。
 私も平和ボケした国で育った一人です。

 ですが、戦争となったらあなたは戦えますか?
 
 相手はあなたの考えを理解してくれると思いますか?

 今まで通り暮らせると思っているんですか?
 

 私が読んだ記事では、参加者の声が幼稚だと読みとれました。
 説得力皆無。宿題やりたがらない子供と同じレベルにしか見えませんでした。

 反戦の声を上げるなら、相手に戦争をさせないやり方をこちらが取るべきなのではないかと考えます。
 そうすれば、手出しできない。戦争は起こらない持ち込ませないという形ができあがるのではないでしょうか?
 順序も理屈も何もない、ただの我儘。
 その程度でしか受け取れませんでした。

 個人の深い想いは知りません。
 他人なので。

 戦う力を持たなずに口だけなのは、出荷待ちまで鳴いている家畜同様に見えます。
 恐らく、物騒な考え方をしているでしょう。 相容れない人も多いでしょう。

 でも、私も無力な一般市民なのです。
 守りたいものがあるなら、もしそうなってしまった時戦える人でありたい。それだけです。


 世界中のどこにも戦争を起こさせない手段があるなら教えて下さい。
 デモをしているだけでどこも絶対に攻めてこないのなら続けて下さい。
 

 大分、皮肉って書いておりますが、本当に戦争したいと思っているわけではありません。
 まだ死にたくありません。

『あなたが美味しいと感じる心に種族はありますか?』

 言葉や歌で戦争を考えない程平和になれるならどんなに良いか。


 それでも誰も死なないで欲しいと心から願えたら──

 既に長過ぎているので今日はこの辺で。

 BGM H.T
スポンサーサイト

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://pirolina.blog87.fc2.com/tb.php/267-4a2ec6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。