○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

みるなの座敷 

東日本大震災から一年が過ぎました。
一年前のあの日の事はハッキリとまだ覚えています。
各所で防災マニュアルが見直され、私の手元にも何故かその雛型の一部があったりします。
それを眺めていると改めて、酷かった事を思い知らされます。


さて、表題となっている話ですが。
日本の昔話にあるお話の一つです。

<あらすじ>
昔、ある男が山奥で迷っていると、一軒の家があった。一晩泊まっていこうと思い、足を踏み入れた。
綺麗な女が出迎え、酒やごちそうを用意してくれた。
後に女は「ここには13の座敷がありますが、決して13番目の座敷には入ってはいけませんよ」と言い残して外出した。
男は障子を開け、それぞれの座敷に入ってみた。どの座敷も美しい景色が広がっていた。
最後に13番目の座敷が残されたが、男はどうしても見たくなり、障子を開けた。
そこではウグイスが鳴いていた。だが、一鳴きで鳴くのを止め、どこかに飛び去ってしまった。
あとには家もなく、男は何もない森の中で立ち尽くすだけだった。

※Wikiより抜粋。


きらく座バージョンでのお話を付与しますが、この男は実は故郷を無くし、針売で生計を立てておりました。
一軒の家で出合った綺麗な女は死んだ幼馴染にそっくりです。
男が故郷を無くした原因は『洪水』。それで知り合い、家族、幼馴染を纏めて失ってしまったのです。
最後に一人で立ちつくす男は再び針売りとして生きていく。
というのが、私たちの演る『みるなの座敷』なワケですが…。


今回の大震災、さらに言えば津波にかかる話なのです。

どんな辛い事があっても、それでも人は生きていける強さを持っている。

そういうお話なのです。
昔話から改めて学ぶことは実は多いんじゃないか、そう思った次第です。


   BGM 負けないで
スポンサーサイト

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 日記

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://pirolina.blog87.fc2.com/tb.php/245-3dd6882d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。