○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

覆水盆に返らず 

 お盆です。 終戦記念日です。

 お盆とは、この時期に現世に戻ってくるご先祖様の霊を祀るということらしいですね。
 私は生まれてから、一度としてそんな事をした記憶がありません。幼い頃は、お盆=じいちゃんばあちゃんの家に行くという解釈でした。
 お墓に行ったことといえば、「祖父母が死んだらここに入るんだ」という場所を親戚一同で確認しに行った事くらいです。
 ご先祖様がどんな人であったかも知りませんし、家系図というものはどこにも存在しないでしょう。

 ご先祖様に失礼な話ですが、実質的な感覚として私にお盆はありません。
 今日は偶然にもそれを悲しい事だと思いました。


 みんな生きてるなら良いじゃないか。誰か死ねばいいのか?というわけじゃないんですが、どうもそういうことに疎くていかんな、と。

 今日バイト先で社員さんが写真を持って(※正しくは自分の近場において)仕事をしているのを発見してしまったのです。
 たまたま見えてしまった日付は昭和55年。私が生まれる前……。

 そこに写る一人の若い女性の姿。

 瞬時に理解に至り感動してしまいました。


 終戦と時期がかぶる事から、お盆は戦没者追悼をする時期という意味合いが多分に含まれている昨今ですが、私の祖父は戦争に出ていないそうです。身長が足りなかったから徴兵されなかったと聞いた事があります。

 もしかしたら、戦時中は非国民であると罵られ蔑まれたのかもしれません。

 例えば、祖父は戦死し、残された子は、後に私の親となっていたら、お盆にご先祖様を祀るという気持ちが出来上がっていたのでしょう。
 だから変わりに、戦犯でなく、家族の為に戦って死んでいった栗林中将ら当時の最前線で戦った名前も知らない人たちに少しでも黙祷しておこうと思います。


   BGM 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
スポンサーサイト

テーマ: ひとりごと - ジャンル: 日記

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://pirolina.blog87.fc2.com/tb.php/199-63ba1632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。