○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

アントニーとクレオパトラ 

 「ソロモンよ! 私は帰ってきた!」で大体の人はわかるのではないでしょうか?
 大塚明夫さんが出ている舞台を見てきました。
 わからない人もいますよね^^; ※ググって下さい。

 正直、当日受付でポスター見るまで知りませんでした。
 シェイクスピア劇だったことも知りませんでした。見ているうちに、このセリフの言い方はシェイクスピアじゃない?とか思い始めて、終わった後、色々とお世話になったことのある出演者の方に尋ねた所、
「少しマイナーだからね」
 とフォローしていただきましたが、イヤ本当お恥ずかしい…(;´Д`)

 シェイクスピア劇は本で読むと全く絵が見えてこないのに、芝居で舞台で見るとこうも納得させられてしまうのは何故でしょう……。
 日常会話ではない、詩的な表現を多く含む会話である事が理由の一つのような気がします。
 だから、読んでいるととても回りくどく感じてしまうのかな?と思っています。
 なので劇場で形と多なった本物を見せ付けられると、普通の人間である事が良くわかります。

 なんてことはない、人ならごく当たり前で考え付く事を、心の言葉を声に起こしただけなのだろう。

 それが今現在の自分の解釈です。
 いつかやってみたい舞台です。
 一番最初は『夏の夜の夢』がいいかな…?とか勝手に思ってます。
 いちばんわかりやすくて、親しみ易い物語のような気がします。

 いつか来るだろうその日のために今は自分を人として成長させましょう。

 自分と周りの人と環境が、現在の自分というものを作っています。
 頭でっかちになりすぎず、考えなしになりすぎず、緊張しすぎず、緩みすぎず……
 それと多くの色々のそれらが丁度良く混ざり合った自由な心と身体、そして安定した精神で舞台に立つこと。
 もらった役が、確実に生きている存在として舞台に立てたらと思います。
 こんな私とでも、もし機会があれば…

 一緒にいきましょう  

   BGM 飛び方を忘れた小さな鳥
スポンサーサイト

テーマ: 演劇 - ジャンル: 学問・文化・芸術

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

この記事に対するコメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://pirolina.blog87.fc2.com/tb.php/134-bcd469c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。