○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

紙芝居教室はじまる。 

 先週から千葉県の小学校での紙芝居教室が始まりました。
 1年でこの時期だけ、私は期間限定で本物の『先生』になります。
 教員免許等は一切ありませんが。

 今年でとうとう10年目となりました。
 最初に授業を受けた子供たちは成人式を迎えます。
 はじめの数年は参加していませんが、半分以上の年数を親方と共に教え続けました。
 この授業の取り組みが増えれば、私個人のお仕事が増えるのですが、なかなかそうもいきません。

 子供たちの勉強は大変なのです。
 小学校で英語の授業が導入されました。英語を教えるティーチャーがいるのです。
 背の高い、カッコイイ外人さんでした。

 そんな中、言葉を大きな声ではっきりと喋る為の授業をどこが推奨してくれるのか、と考えます。

 ですが、着実に必要としてくれる所がある事も知っています。
 世界的に活躍している劇団さんには、『言葉を大きな声ではっきり喋る為の授業やってもらえませんか?』とかご依頼も来ています。その仕事、こっちに回して下さい(笑)とは思いました。

 毎朝、保護者(当番制)の読み聞かせの取り組みをしている学校が、大きな声で喋る為の時間を設ける、みたいな話も伺っています。

 何もやらないよりは週に一度くらいそんな時間が必要なのだと思います。
 『おぉーい! ヤッホーー!!』 なんて声を出す時間が。

 自分の名前を名乗る事すらできない社会人がいます。
 コンビニ店員のほとんどは何を言ってるかわからない。そう思った事は一度や二度じゃありません。
 出す方も聞く方も気持ちのいい声、それが人々に必要ではないでしょうか。

 そんな将来の為の授業です。
 「ラッシャセー」 よりも 「いらっしゃいませ」
 「はよー」 よりも 「おはよう」
 「あざーす」 よりも 「ありがとうございます」

 それが本来の気持ちのいい言葉ではないでしょうか? 
 場面や相手による使い分けもそうですが、ハッキリ言えなければ何も変わりません。

 何も恥ずかしい事じゃない。
 出来ない事こそ恥ずかしい。
 言えない事こそ恥ずかしい。
 自分の名前もハッキリ言えない大人になって欲しくは無い。

 そんな願いを込めて、楽しんでもらいたい授業です。
 言葉を相手にちゃんと伝える授業です。

 少しの間だけの先生です。


《以下宣伝》
 出前紙芝居のお仕事を承っております。
 お気軽にこちらのアドレスまでお声掛けください。

【対象】
  いつでも・どこでも・どなたにも 子供からお年寄りまで。
  イベント参加等も大丈夫です!

【場所】
  図書館・公民館・集会所などの音を出しても良い部屋。
  保育園から学童クラブ、小学校、お年寄りの施設、地域のイベントまで様々な所へ伺います。

【所要時間】
 ご希望や演目により前後致します。
 ご相談させて頂きますが、最大1時間程度を目安にお見せいたします。

【費用】
 集客が50人以下の場合 → ¥5000+交通費
 集客が50人超える場合 → ¥100×人数+交通費
  ※初回、半額サービス有り。

【連絡】
 こちらをクリックして下さい。
  ※頂いてから数日中にご返信させて頂きます。 

 
 
スポンサーサイト

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。