○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

心の俳句 

 真夜中に 中学生から メールきた。


【件名】最短であってみたいな
 スピード対決 今からよーいドン!だよ 只今、セーラーでコンビニいまぁす


 どうみても出会い系の迷惑メールです、本当にありがとうございました。

 受信時間、深夜0時過ぎ。
 こんな時間に中学生がウロウロしてたら補導されるだろ…。送った主の大人はそんなこともわからんかね…。

 嘆く気すら起きない。
 完全にネタだよ。


スポンサーサイト

PAGE TOP

ぼくらの ラスト 

 ついに完結しましたね。「ぼくらの」
 アニメから入り、マンガを読み、小説には手を出しませんでした^^;

 どんなに欝展開と言われようが、いいマンガだと思うのですよ。


 そのロボットを操縦した者は死ぬ。自分達の地球を守るために戦う13歳の少年少女たちの苦悩葛藤を描いた作品ですが、私はもっと評価されてもいい作品じゃないかと思います。
 ラブコメ(メインだけちょいシリアス)でパンチラ見せてれば印税が稼げるような漫画なんかよりよっぽどいいと思います。
 確かに、史実を伝えようとしている戦争物の漫画もいいと思います。
 それに比べればSF要素は多分に入っています。

 ですが、戦って死ぬのは思春期真っ只中の子供たちなんです。
 待っているのは、自分が死ぬ事前提の、(他の人間たちは)ハッピーエンド。なので、見ているこっちもやばいです。同じ年の頃にこんな役割回ってきたら(実際にはないですが)どうすんだよ!?と考えられますか?と。

 今の子供たちは戦争を知りません。
 私も知りません。
 私の祖父は戦争経験者ですが、徴兵されませんでした。
 祖父の口癖は「俺ぁ、スイカさえありゃ生きてけるんだ!」でした。まだ生きていますが、もう何年もあっていません。
 祖父を見ていると私ですら、「年中お気楽だなぁ…、悩みがなさそうだなぁ…」と思ってしまいます。本当に戦争の時代を生き抜いた人なのかと疑いすら感じます。
 平和ボケしきった今の若者達の先駆けのようにすら感じてしまいます。
 ですが、そのどこまでも前向きに明るいところは良い事だと思います。今はボケてしまっているので、多分私のことも分からないでしょう。

 それはさておき、小学校で紙芝居を教えていた時、戦争の話が子供たちの演目に入っていました。
 軽く戦争の触りにだけでも触れようと、戦争について話し始めます。
「空襲っていうのはね、空から爆弾が沢山落ちて来るんだよ」
 と教えると、
「逃げればいいじゃん」
 とみんな口をそろえます。
 逃げれば助かる。わかりやすい当然の結論です。しかし、
「まず、狙いたい場所を囲むようにして爆弾を落とすんだ」
 チョークを持って点を打って、それを囲む円を書きます。
「そうすると爆発した場所で大きな火事が起きるね。狙いたい場所を囲む火の壁ができあがる」
 赤いチョークで円をなぞります。
「するとどうなる? 誰も火の壁の外に逃げられない。そこに埋め尽くすように爆弾を落とすんだ」
 チョークを寝かせて、側面で円の中を塗りつぶします。

 こうやってここまで説明してやっと、事の重大さが分かったようで、10歳の子供たちは口々に「戦争はいけないんだ」と言うようになります。

 この子らより、3つしか違わない子供らが自分が死ぬと分かっている戦いに逝くのはどんな気分なんでしょうね。
想像を超える勢いのおそろしさです。そしてそんな子供らの親や身近な人々はどう思うでしょうか。

 史実の重さと比べ、巨大ロボットがでてきたりと、SFだからこその読みやすさがあると思いますが、それに決して引けをとらない命の価値が問われる内容だと思います。
 
 少しでも興味を持たれたら読んでみてください。


   BGM アンインストール

PAGE TOP

遅れてやってきたプレゼント 

 先日の日記でチラッとだけ話題に出したプレゼントのお話をします。

 10月末~11月にかけて、千葉県の、日本で一番有名なテーマパーク(ドイツ村ではないw)がある市の小学校で紙芝居を教えたことは前の日記を見ていただければ分かるかと思います。

 そして先日、親方と会った時に「これあげるよ」と封筒を渡されました。
 ナンジャらホイ?と中をあけてみれば沢山の手紙が入っていました。
 その時に教えた児童全員からのお礼の手紙だったのです。
 えぇ、全部読みました。読みましたとも。
 先生からの手紙も入ってました。

…送り仮名間違えてましたけどf^^;

 なんというか、小学生らしい個性溢れる手紙をみんな書いてくれました。
 シャンポリオンに頼まないと解読が困難そうな文字があったり、親方の名前が呼び捨てだったり(なんというww)、私の苗字の【島】が【鳥】だったり、似顔絵まで描いてあったりと、本当に。

…先生、少しは添削してくださいww

 思いがけない、子供たちからのクリスマスプレゼントでした。
 やってよかったと心からそう思います。
 少し泣きそうになったのは秘密です。


   BGM 愛しのスノーマン

テーマ: 芸能一般 - ジャンル: アイドル・芸能

PAGE TOP

小話&はち狩 オフ 

 今日はニコニコ動画でお馴染み、『モンハン小話』さんと『はちみつ狩猟団』さんの合同オフ会に参加してきました。埼玉オフでハンターランクを上げてもらって以来のオフ会だったので、とても充実した狩猟生活を送る事ができました。
 とりあえず、なんとかいっぱしのハンターとしてやっていけるみたいです。
 基本ソロプレイヤーなので、誰かとできるってのはやっぱり楽しいですね!

 とまぁ、「おい役者はどうしたw」と忘れてそうな内容ですが、主宰の方々が同業者なので自分の本業の事を簡単においていけるワケがありません。

 表現者ですから!

 と言わんばかりに最後の無茶振りをやってのけたブリード氏や、たまたまmixiで自分のところに足跡を残してくれ、こちらからのマイミク申請を快く受けてくれた教官に感謝感激です。
 ただ、そっちの方で演劇論的なことを語るのは野暮なので今回はやめます。

 そして主宰ギアノ氏お疲れ様でした。 
 モンハンが大好きなハンターの皆様、これからも良い狩猟生活を。

   BGM 英雄の証

テーマ: MHP2G - ジャンル: ゲーム

PAGE TOP

あかり 

 もうすぐ一人暮らしを始めて四年経つワケですが、今日初めて玄関の明かりがつくことを知りました。
 イヤ、正しくは、


玄関の明かりがつきました。


 でしょうか…。

 引越し当時。

 そのスイッチを押しても何も起こらず「?」となり、まぁこのスイッチは使わないのだろうな、という勝手な解釈でほぼ4年間スルーしていたのに、今日何の偶然か、間違えて押してしまったらパッと着くではありませんか!!!

 (゚Д゚;)ナ、ナンダッテェェ!!

 となるわけですよ。
 これまで、何人かの友人が出入りして間違えて押した事がある(そしてなんの反応もなし)ということを考えると、あかりが着くようになったのは少なくとも、ここ数ヶ月の事の筈! と思いたい住人の私です。

 大家さんがいつの間にか進入して直したのか???
 いつの間に!?
 着かない事を報告した覚えもないのに!?
 何故気付いた!?

 なんというニュータイプ大家さん…。

 今日は他にも、思いがけないクリスマスプレゼントやら、完結したマンガの話をしたかったのですが、時間がないので後日。


   BGM 恋のホイホイチャーハン

PAGE TOP

伝承者 

 先週土曜日、懐かしい場所での公演を終えてバイトへと向かい、無事営業も終り。

 そしてそのまま忘年会へ。

 去年に比べてそれほどカオスではなかったものの、バイト新人の子が所在無さげにしていたのが不憫でした。
 後になってなんとか自然と溶け込んでいましたのが幸いです。積極的に話しかけるのが同世代でなくて年上だけってどういうことよ…^^; 若者の派閥意識強すぎ……。
 楽しかったのですが、若い子がいっぱいいる中、行き遅れのように仕事年数だけを重ねていく自分に恐怖を覚えました。10才下がバイトでいると((;゚Д゚)ガクガクブルブル ですよ。

 その昔、JK(こう)のおとなしい~見た目お嬢様っぽい子が、いっこしたのJKがバイトで入ってきた時に「あたしもオバサンになったなぁ~」といった時には

(ノToT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

 となりました。

 忘年会は、翌日の事を考え一次会で退散。日曜日は『ごぜ唄』を聴きにいきました。

【参考文献はWikipedia】
 瞽女(ごぜ)とは、近世までにはほぼ全国的に活躍し、20世紀には新潟県を中心に北陸地方などを転々としながら三味線、時には胡弓を弾き唄う、盲目の女性旅芸人のことである。

 5年ほど前に亡くなった小林ハルさんのお弟子さんの竹下玲子さんと親方が知り合いなのだそうです。曰く親方は『はこや』という荷物持ちなのだそうです。それがライフワークだそうです。
 はじめてのごぜ唄を聴くためにJKとデートしてきました。
 嘘です。単なる引率です。
「駅からの道が、地図を手にしてもわかりません!」
 との事。
 目的地も同じだから待ち合わせしよう、と相成りました。

 これから初めて、ごぜ唄を聴く人に伝えておきます。

 油断してはいけない。

 私は歌の上手な人が好きです。ライブで歌っているバンドのボーカルではありません。
 透き通るような、自然と染み込むような、聴き易い歌声が好きなんです。ちなみに女性だと尚良しです。
 自分が歌が下手だからかもしれません。劣等感による憧れがあるのだと思います。
 親方には歌は歌わせられねぇといわれ続けています。さて、どうしたもんか…。

 っと、なぜ油断してはいけないかでしたね。
 眠くなるからです。聴きやすすぎて眠くなるんです。歌声に限らず本当に良い声とは身体にスーッと染み込んでいくんですね。竹下師匠の唄は本当に染み込んでくるんです。
 カメラ嫌いのプロは「本物はテレビに映らない」と言います。文明の流れに文化が惑わされているそうです。

 これが本物か…と。

 改めて納得しました。
 後半は『ごぜ万歳』(本当にこういう字をかく)を聴きました。
 盲目の女旅芸人が歌ったとは思えぬほど明るく楽しいものでした。今の世の中では決して伝えられないだろう明るさと優しさが、今より不便で生きる事が厳しい時代に伝わっていました。

 昔はよかったな。じゃなくて、昔もよかったな

 だよね~。
 と言える今の世の中かな…。そういう今の自分かな…。と考えさせられました。
 そして、公演の最後になぜかドッキリの如く、我々が紹介されることとなってしまいました。
 曰く、私は次世代を担う『はこや』候補なんだそうです。なんてこったい!!
 それはさておき、この日曜日は親方がどれだけ『ごぜ唄』が大好きなのかを少しだけ分かった日でした。
 また聴きにいくと思います。
 興味がある人は言って下さい。お声かけします。


 帰りに人身事故で電車さえ止まらなければどんなに良かったことか…orz

   BGM プレパレード
 

テーマ: 日本文化 - ジャンル: 学問・文化・芸術

PAGE TOP

縁は異なもの? 

今日は6月までアルバイトしていた先で紙芝居の巡業となりました。

毎年一回はここでやっていると聞いたので本当に縁とは不思議なものだなぁと思います。

緊張、とは違うのですが昨夜はよく眠れませんでした。
最近、ご好意にしてくださる方が、会う度に「泣きそうな顔してるよ」とか「会う旅に顔色悪くなってるよ」とか言って心配して下さいます。先日は栄養ドリンクまでいただきました。
キッチリおいしくいただきました。

そこまで思っていただけるとは本当に、身に余る光栄。そしてなんという萌え。既婚男性子持ちでなければ嫁にしたくなりますね。

なにはともあれ、久しぶりの再会と公演を楽しんできます。

PAGE TOP

愛をプラス 

 流行から大分乗り遅れているが、いや、乗ろうともしていないが素晴らしきリア充量産ソフト『ラブプラス』について語ってみようと思う。

 従来の恋愛ゲームとは違い、告白する(もしくはされる)=ゲームクリアとはならないようだ。
 むしろ、そこからが本番らしい。
 本番と言っても、S○Xをする訳ではない。いちゃいちゃタイムの始まりなワケだ。

 DSの時間機能を使い、24時間フルタイムで彼女(3人の中の一人)と生活をともにできるのだ。同棲とはちょっと違う。
 彼女は学生なので朝早くに起床し、学校へ行く。部活がなければ夕方には帰ってきて家で勉強していたりする。土日は休みで部活などに精を出すようだ。これらの行動はリアルタイムとリンクして行われる。
 そして夜電話するかのようにお話する。実際にマイク機能でお話できるらしい。「愛してる」とかDSに向かって言う事もあるようだ。新宿で酔っ払いのおじ様がDSといちゃいちゃしているのが目撃されている。
 さらにはタッチペンでスキンシップもできるようだ。一体どこを触ると言うのか。
 そしてデートの約束を取り付けたりして、約束の日、約束の時間にDSを起動すると、ゲーム内の待ち合わせ場所へ到着しており、そのあとはデートをするという寸法らしい。
 ここで彼女との約束時間にDSを起動しないとデートをすっぽかした事になり、彼女は不機嫌になるようだ。

 wikiによれば、DS内蔵の時計を使用した「リアルタイムクロック」(RTC)により、現実の時間や季節に合わせたリアルタイムで永遠に続く「恋愛生活」が体験できる。
 とのこと。

 ようするに、良く知らない人たちの解釈を言うのであれば、プレイヤーの彼女=DSという構図で実際の彼女そのままに生活する。と言うことで間違いないだろう。
 傍目には、マンガを読みながらニヤニヤしたり、いきなり笑い出す人となんら変わらない。もしくはそこに個人のプラスアルファ要素が大いに加わる事だと思う。
 しかし、注目すべき点はアンチが極めて少ないという事であると私は思う。
 通常、ゲームのみならず、なんらかの作品の市場流通においてファンとアンチが発生するのは自然の理であるが、このラブプラスにおいてはアンチが皆無に等しいらしい。
 アンチになりえるのは、それまで知らなかった一般人が知った場合。もしくはそれで彼氏を奪われてしまった女性、あたりだろうか。

 冗談ではない。
 彼氏がラブプラスをやっている女性は要注意である。自らの魅力が、男性の妄想によって生み出された2次元の魔力に勝てるとお思いだろうか。
 2次元と3次元を区別できる彼氏なら別だが、近年は2.5次元という言葉が存在する。そう!私達3次元人が2次元の世界に入り込める日が徐々に近づいてきているらしいのだ。

 実際にニコニコ動画でその2.5次元の世界の技術力の一部を垣間見たが、その時のユーザーのコメントは、

俺達の世界がすぐそこまで
もうすぐ俺の嫁をこの手に
これで世界が変わる!
もうすぐだ、もうすぐもとの世界に帰れる!

 などなど……。
 実際にこれでゲームできたら「すげぇ!」とはなるだろう。

 ……話を戻そう。
 つまりDSという媒体を経ているとはいえ、大多数の男性諸君には彼女ができたわけである。
 キャッチコピーである、『国民的ガールフレンド、デビュー』は完全に大正解だったと言える。
「彼女?いるよ?」
 と答えるDS所持者である友人A君が貴方の周りにいたら、

 愛花(まなか)
 凛子(りんこ)
 寧々(ねね)

 この中の誰? という三択を迫ってみるのもいいかもしれない。
 しかしながらにして、このラブプラスのプレイヤーには紳士が極めて多い。私のようなネガティブ人間が見習わなければと思うほどにポジティブなのだ。
 いや、ネガティブ人間に限らず見習った方がいいのではないか?と思うほど紳士が多い。

 既出ではあるが、その紳士達のやり取りを少しご紹介しよう。

<2ちゃんねる ラブプラス スレより抜粋>
 ※多少の改変あり

「電車の中でデートしてたらイヤホンがささってなかった」
「このバカップルめ」

「雨が降ってきた。俺が濡れて風邪引くのは構わんが、彼女が濡れて風邪ひいたらどうする」
「オマエが濡れて風邪引いたら彼女が心配するだろ。濡れてもいいとか言うな」

「明日、リアルで遊びに行くの誘われたんだが、ネネさんとデートだからって断っていいかな」
「友達と遊びに行くからって、ネネさんとのデート断れるならな」

「声小さいと音声認識されない? 隣、妹の部屋なんだけど」
「妹にとっては未来のお姉さんだろうが」

「隣の部屋で弟は彼女といちゃいちゃ。俺はラブプラスで彼女といちゃいちゃ。俺の彼女の方が可愛いから俺の勝ちだよな?」
「勝ちも負けもない。どっちも幸せなら無問題ではないか」

「To Heartを100としたらどれくらい?」※元エロゲ。爆発的に売れてた恋愛ゲーム…のはず。
「53万かな」
「フリーザかよw」

「ラブプラス売ってきた」
「彼女売るとか、お前最低だな」
「ゲームソフト売るくらい………通報しました」

「タッチスライド、最初は普通だったのに、最近はいつもと同じようにやってもできない。調子悪いんだけど…」
「攻め方がいつも同じだったら彼女だってあきるさ」
「ゲームじゃないんだから」

「2chでこれほど叩かれないゲームも珍しい」
「恋愛って減点法じゃなく加点法からはじまるから」

「彼氏力溜めても、ほぼ一回のデートで全部消費。どうにかならない?」
「終わった後余力を残すようなデートをお前はしたいのか?」

 本当に幸せそうです。
 ちなみにニコ動での関連タグには「ラブプラス症候群」「ラブプラスは現実」「病院が来い」「ここに病院を建てよう」「病院では間に合わない」「もうやだこの国」などなど……。

 ここまで色々書いていると私もラブプラス症候群の一人に思われそうですが、DSなんてものはあいにく持っていません。ギャルゲすら何年もやってません。
 最近はモンハンが大分マッタリしてきているのでヴァルキリープロファイル-レナス-をちょこちょことやってます。
その話はまたいずれするかもしれません。
 長く色々書きすぎたので、結論。


『 恋 の 病 は 不 治 の 病 』



 興味がわいた人は自分で調べてくださいませ。
 にわか知識でちょっと語ってみたかっただけです、ハイ。

   BGM 愛を+ワン

テーマ: ニンテンドーDS - ジャンル: ゲーム

PAGE TOP

裁縫の時間 

20091201143345
ずっともげていたので、かねてから直そうと思っていたクロネコのぬいぐるみ(携帯ストラップ)の腕を修復しました。

途中、針を刺しておくものがなかったので探した結果、写メのものになりました。

これなら何本刺してもいい気がします。

クロネコさん、なおりました。
下手くそなりに、ですが。

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。