○○感想文記

管理人が日々の中で見たり読んだり感じたりした、あらゆるものの感想をツラツラと書き綴っていく日記です。  

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | 編集

PAGE TOP

【常時】紙芝居承ります。【宣伝】 

 出前紙芝居のお仕事を承っております。
20160130125227-f6a3e4f0-me.jpg

【対象】
  出前紙芝居のお仕事を承っております。
  いつでも・どこでも・どなたにも 子供からお年寄りまで。
  イベント参加等も大丈夫です!

【場所】
  保育園から学童クラブ、小学校、お年寄りの施設、地域のイベントまで。
  基本的に音を出しても問題ない場所。

【所要時間】
 ご希望や演目により前後致します。
 ご相談させて頂きますが、20分~最大1時間程度を目安にお見せいたします。

【費用】
 集客が50名以下の場合 → ¥5000+交通費
 集客が50名超えの場合 → ¥100×人数+交通費
  ※初回、半額サービス有り。

【連絡】
 thyme.ht@gmail まで直接ご連絡下さい。
  ※頂いてから数日中にご返信させて頂きます。 
スポンサーサイト

テーマ: art・芸術・美術 - ジャンル: 学問・文化・芸術

タグ: 紙芝居 

PAGE TOP

バース・ディ 

 節目の今日であるからこそ、久しぶりに日記を書こうと思います。

 4月の朗読公演から最近まで、めっきりと腑抜けて生活しておりました。
 芝居をしたい、役者をしたい想いはあれど、以前のように積極的に行こうと思えなくなったのです。

 2月の鈴木先生で人生初の主役を一度やってしまったからなのか・・・。
 良い意味で、です。なまじ無縁の大役だったからこそ、4月の朗読公演も含め自分がメインの立ち場を長く経験した事でどこか燃え尽きてしまったのです。
 今いる事務所も退所し現在フリーとなりました。

 そして、来年どうしようか。

 という分岐点に立っているのだと思います。

 今続けている仕事も、私が辞めたらマズイ!という位には重宝されています。
 非常に嬉しい悲鳴です。

 仮に就職したら俳優業はともかく、紙芝居は続けて行く事ができます。


 そんなのもアリか。
 と思える程度には心構えができるように落ち着きました。
 定職に着いた方が自分のしたい事ができるのではないか。

 ただの錯覚かもしれません。

 今更定職に就いた所で、大学卒業から就職した人達と同じようにはなれないでしょう。
 このアドバンテージがどう生きるか分からないまま、私は近いうちに道の選択を迫られるでしょう。


 どうか後悔しないように。
 今日この日に記しておきます。


 これを読んで下さった希少な貴方も、どうか後悔しない選択を。
 過去の自分を否定するようなことはしませんように。

PAGE TOP

この素晴らしい舞台(ライブ)に祝福を 

 Dolphin Blue ~冬物語~  終演してから約一週間が過ぎました。
 ご来場いただきました皆様本当にありがとうございます。

 今回個人的に初の試みであった、舞台としてライブとしての紙芝居でありましたが、非常に得難い経験をさせていただきました。
 意味わからん、紙芝居はライブじゃないの? という方もいるでしょう。
 もちろんそうです。
 ですが今回、私の中にお客様の空気を感じてそれに合わせる、それを動かすという試みがありました。

 それは前座という役で、唯一お客様と会話できる演目だった私だけが可能だった事と言えます。

 親方から言われる事は、語りでお客様と会話する。でした。
 何も知らない人にとっては、一人で読み続けるのになんのこっちゃ??? となるでしょうが、本物の昔話を知る人にとってはそれは当り前の事なのです。

 面白い話は何度聞いても面白い。

 これでやっと一人前だと思っています。
 一度聞いたらもういいや、少しだけ聞いたらもういいや、こうはなりたくないです。

 そんな中、共演者の方々に物凄く助けて頂きました。
 演じ方のヒントを頂いたり、語り易い空気を作っていただいたりとありがたい事ばかりでした。

 演出も、親方からの『型』から自分の『形』にシフトさせる手助けを頂きました。
 それが本物の芸として良い悪いかはまだわかりません。
 語りの芸で絵を見せるのが紙芝居のはずが、自分で芝居してましたし(笑)

 ですが結果としてお客様の喜びに繋がったのなら良いと思いました。
 もちろん失敗もしました。
 全体の流れの弾みがイマイチだったり、箱に対して煩くなってしまったり、絵を間違えたり、左右の靴下が違ったりと…。

 でも、公演も最後になるにつれて確かな手ごたえとやりがいを感じていました。
 空気をいじる事が楽しくなっていました。
 ここでこう、もう少しこう、今、みたいなあやふやな表現ですが、実際に思ったように動くのが楽しかったのです。

 そして怖い事に、次もう一度同じ事をできる自信がありません…。

 ここから先がまた修行の道なのだと思い、精進しかありません。

 土台の型がしっかりしていれば、
 自分という形を表現すればいい。

 今はひたすらにその両立を目指したいと思っています。

PAGE TOP

私の出番だ! 

改めまして、月末の紙芝居公演のご案内です。
私の出番が決まりましたのでご報告致します。

前座です。

…。
……。
………。

微妙な顔されてますね?
これも大事なお役目としてやらせて頂きます。本公演の空気を作るのは私の紙芝居と信じて!

直後ダンスだったらどうしようか…?

………。

受付開始しばらくしてから、私が本公演までの間に紙芝居をお見せいたしますので、お早めにご来場下さいませ。

そして第二部のトップを務めます。
こちらでは、お正月に相応しい紙芝居をお見せいたします。
(間もなく二月ですがね…)

ご来場お待ちしております。


以下公演情報となります。

ライヴパフォーマンスユニット
Dolphin Blue 第7回公演

2016年の第一弾が決定、両国スタジオ・アプローズにて開催!
アクター、シンガー、ダンサー、ミュージシャンが集結!歌、ダンス、リーディングと、ミュージシャンによる生演奏がコラボレーションし、ライブ感あふれるエンターテイメントをお届けします。

演出/パク・バンイル
(日本演出者協会)

【出演】
大竹一重
リーディング・歌

井上達也
ギタリスト

合田茉莉香
ダンサー

紙芝居
廣島隆充

高橋洋之
即興演奏家

長内一真
ピアニスト

スニョン
ダンサー

中島静香
ダンサー

辰巳聡絵
リーディング

西見桂
リーディング

Nori
ギタリスト

伊藤達郎
パーカッション



【タイムテーブル】
2016年1月28(木)~31(日)
28(木)19:00
29(金)14:00.19:00
30(土)12:00.16:00
31(日)12:00.16:00

【チケット】
2015年12月7日(月)発売!前売 3,500円
当日 3,800円

【チケットご予約】
カズマプロダクション
チケネット:kazumapro910@gmail.com(24時間)
オフィスフォン:090-3876-3305(受付時間10:00~18:00)

【スタッフ】
照明:上川真由美
音響:木下勝哉
振り付け:合田茉莉香
チラシデザイン:ナガイアヤコ
WEB:須藤俊夫
広報:MOTSU
制作補:オフィスタイプス
制作:(株)一梅
制作統括:田中允貴
オフィシャルスポンサー:ホロティブ(Japan・korea・Thailand・USA) http://holotive.co.kr/
プロデューサー:パク・バンイル
企画・製作 Kazuma Production

【お問い合わせ】
代表・新本一真
(パク・バンイル/日本演出者協会)
090-3876-3305
TEL&FAX03-6751-8098

Kazuma Production
両国スタジオ・アプローズ
〒130-0026墨田区両国3-19-8日東第2ビル1階
http://www.types.jp/
a stage,power

PAGE TOP

公演ご案内 

皆様、ご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

三が日も終り、今月11日には私も参加している日本民話シリーズのCDが発売となります。
そして、早速ではありますが公演のご案内です。
去年に続いて良いスタートを切れて嬉しく思います。

さて、今回の公演ですが、紙芝居を皆様にお披露目できることとなります。
私の紙芝居のほとんどは、特定の場所に呼ばれて、そこの方達の為に公演を打つというものでありましたが、今回はダンスや朗読、音楽のアーティストの方々との共同公演となります。

なので、お笑いライブでお気に入りのグループがいつ出てくるかな~とワクワクするように私の紙芝居をお待ちいただければと思います。
もちろん、他の演者の方々も実力派ぞろいとなっていますのでそちらも活目してご覧ください。

元ミス日本、女優・大竹一重さんも出演されます。

1994年度ミス日本を受賞し女優としてデビュー。
Vシネマの女王と呼ばれ一世を風靡。
その後活躍の場をドラマを中心に、映画、舞台など幅広く活躍中。
特に悪女役は定評。

ご期待下さい。

以下公演案内となります。

ライヴパフォーマンスユニット
Dolphin Blue 第7回公演

2016年の第一弾が決定、両国スタジオ・アプローズにて開催!
アクター、シンガー、ダンサー、ミュージシャンが集結!歌、ダンス、リーディングと、ミュージシャンによる生演奏がコラボレーションし、ライブ感あふれるエンターテイメントをお届けします。

演出/パク・バンイル
(日本演出者協会)

【出演】
大竹一重
リーディング・歌

井上達也
ギタリスト

合田茉莉香
ダンサー

紙芝居
廣島隆充

高橋洋之
即興演奏家

長内一真
ピアニスト

スニョン
ダンサー

中島静香
ダンサー

辰巳聡絵
リーディング

西見桂
リーディング

Nori
ギタリスト

伊藤達郎
パーカッション



【タイムテーブル】
2016年1月28(木)~31(日)
28(木)19:00
29(金)14:00.19:00
30(土)12:00.16:00
31(日)12:00.16:00

【チケット】
2015年12月7日(月)発売!前売 3,500円
当日 3,800円

【チケットご予約】
カズマプロダクション
チケネット:kazumapro910@gmail.com(24時間)
オフィスフォン:090-3876-3305(受付時間10:00~18:00)

【スタッフ】
照明:上川真由美
音響:木下勝哉
振り付け:合田茉莉香
チラシデザイン:ナガイアヤコ
WEB:須藤俊夫
広報:MOTSU
制作補:オフィスタイプス
制作:(株)一梅
制作統括:田中允貴
オフィシャルスポンサー:ホロティブ(Japan・korea・Thailand・USA) http://holotive.co.kr/
プロデューサー:パク・バンイル
企画・製作 Kazuma Production

【お問い合わせ】
代表・新本一真
(パク・バンイル/日本演出者協会)
090-3876-3305
TEL&FAX03-6751-8098

Kazuma Production
両国スタジオ・アプローズ
〒130-0026墨田区両国3-19-8日東第2ビル1階
http://www.types.jp/
a stage,power

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。